あまりにも身近なものであるため、わたしたちは猫のことをよく知っているような気持ちがしているのですが、実は猫にはまだまだわたしたちの知らない秘密があります。

猫は一日の3分の2は寝て過ごす?

もともと狩猟動物である猫はわたしたちが思っている以上に睡眠をとります。狩りに備えてエネルギーを蓄えるためです。その上愛玩動物として育てられた猫は外敵に襲われる心配がないので、より深く眠ってしまうようです。子猫の場合だとそれが顕著で、一日に二十時間以上眠ることもあると言われています。これは人間の子供と一緒で、寝ている間に体の成長を促し、脳の情報を整理し処理するために必要だからです。猫を飼ったことがない人には意外な事実だったのではないでしょうか?